fingers crossed

大好きなクロスステッチやお洋服作りのことなど。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

メンズシャツ 

ようやく完成しました。

父の日のプレゼント(今頃^^;?)で実家の父親に渡すつもりのシャツです。


2011062917150000.jpg


2011062917170000.jpg


とっても柔らかくて肌触りのいい薄手のダブルガーゼです。


2011062917200000.jpg


この生地、着心地は間違いなくいいはずだと思うのですが、シャツ初挑戦の私にとってはすごく難しかった~(>_<)

薄手のダブルガーゼということは、とぉっても柔らか~いんです。ただでさえ裁断が苦手なのに、裁断の途中でくねっくね動くしずれるし、おまけに柄合わせまでしなきゃだしで、あぁ~もう!・・・と1人ブーブー文句を言いながらやってました。
ちなみに、なんで今頃完成してるかっていうと、ただ単に生地買うのもパターン買うのも遅くなってしまい、生地が届いたのが父の日当日で、もうあきらめるしかないと・・・(+_+)

それで、仕様書を読んでみたのですが、最初はどういうことを説明してるのかよく理解出来ず「私には無理かも・・・」と弱気になりましたが、パターン代2000円を捨てるわけにはいかないと、何度も妄想して、なんとか完成しました。あ~長い道のりでした~(T_T)

柄合わせも、片方の袖の裁断を間違ってしまい、また1枚裁断しなおしたり、縫い目がずれて糸ほどいて縫い直したりと、今回かなり時間がかかりましたが、ダブルガーゼじゃなければまた作ってみてもいいかなぁ・・・(*_*)

あ、生地自体はとても柔らかくて気持ちのいい生地なんですよ、いすずさんで購入したんですけどね。(セールで)
リバーシブルの生地で、裏も使えるんです。前立てや台衿など、部分的に裏の柄も使ってみました。


2011062917300000.jpg


そして、今回もうひとつ初めてだったのが、折り伏せ始末という縫い代の始末のやり方です。

本当はロックがあれば縫い代を1センチにしてロック始末してもいいと書いてあったのですが、裁断のときパターン通りの縫い代でカットしてしまっていたし、これも勉強かと、あえてロックは使わずに折り伏せ始末を試してみました。
なので、縫い代は全く見えません。


2011062917270000.jpg




興味ないかもしれませんが、一応後ろ側も(^^)


2011062917230000.jpg




いや~、勝手に達成感でいっぱいです。もうしばらくダブルガーゼはいいや。

息子の半袖Tシャツがたりないので、今度は簡単なの作ろうっと。




もしよろしければ、押していただけるとうれしいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hm464646.blog.fc2.com/tb.php/29-c2b10cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。